週刊少年ジャンプ

バスケ漫画No1と言えばスラムダンクでしょう

週刊少年ジャンプが黄金期と呼ばれる時代の代表作の一つがスラムダンクです。私が小学校4年生位の時に大ヒットしており、バスケットクラブに入る人が明らかに増えた年でした。

私もバスケットクラブに入ろうと思ったのですが、背が低かったので止めました(泣)

とは言えこのスラムダンクはヒットするだけのことはある作品になっています。

呼んだ人のほとんどは心が熱くなると思います。

ちなみにこのスラムダンクですが、時代が時代なだけに、前半・後半と言う形で試合が行われています。なんだか良く解らないのですが、最近はクウォーター的な分け方になっている様です。

スラムダンクのあらすじ

スラムダンクとは1990年から1996年の間で週刊少年ジャンプで連載された大ヒット作です。単行本発行部数も一億部を超えており、この世代でスラムダンクを知らない人はほとんどいないと思います。

スラムダンクとは主人公の桜木花道が、好きな女の子にアピールする為にバスケットを始める所から始まります。

初めは好きではないバスケットですが、バスケットをするうちにだんだんと好きになり最終的には全国大会まで行くスポーツ漫画です。

この作品を面白くしているのが、問題児だらけの部員達です。

主人公の桜木花道は中学時代はだたの不良

3ポイントシュートを良く決める三井(みっちー)はケガしてバスケが出来なくなり、かなりグレた人

キャプテンの赤木(ゴリ)はゴリラ

けっこう手の早い宮城リョータなど問題時がそろっていますが、喧嘩したりなんやらかんやらで最終的には最強のチームになって行きます。

スラムダンクが売れた理由を勝手に解釈

なんでこんなにもスラムダンクが売れたのか勝手に解釈すると、まずは絵です。巻数を重ねるごとに明らかにうまくなってゆく絵、最終巻のころになるともう芸術の域に達しています。

個性あふれるキャラ一人一人がかっこよく描かれており、ジャンプ史上もっと魅力的な絵を描く作家の一人だと私は思っています。

またスラムダンクはキャプテン翼の様にとんでもないシュートなどは打ちません。○○シュートなんて試合中に言う事もなく、最近のジャンプでおなじみの人間離れしたゾーン的なものも一切なくリアルで忠実にバスケットの試合を描いています。

やはりそこに共感できる人も多く人気がでたのでは無いかと思います。

リアルで何か伝わってくるスラムダンクは見る価値が十二分にある作品の一つだと思います。